出版社文藝春秋
価格1,200円
著者冨山 和彦
ISBN978-4163912295

著者略歴

経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO 東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA)。 ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役社長、産業再生機構COOを経て、IGPIを設立。 数多くの企業経営改革や業界再編に携わり、現在に至る。

遠山事務所から一言

これから起こること 人生100年時代のニューノーマル

これからリーマンショックを超える経済危機は、3つの時間軸で襲ってくる。 第1波 日本のGDPの7割を占めるローカル産業(飲食、小売、エンタメなど)の壊滅(L) 第2波 自動車、電機など グローバル型大企業へ波及(G) 第3波 金融危機の発生。(F) 今後我々はコロナショック等に対応できるよう学び続けることで個人と社会の耐久性を向上し、入念な事業継続計画等を策定し、破壊的イノベーションを考える必要がある。